写真が好きすぎて

ミラーレス一眼カメラ FUJIFILM X で撮り歩き。

Follow me : TwitterInstagram About me : About

メインコンテンツFujifilm X Photoはてなブログ初心者のつまずき解消写真の周辺の気になる話食べ物 飲み物の話

はてなブログ グループFujifilm X Photography を運営しています。
Fujifilm X ユーザーの方のご参加をお待ちしております。

はてなブログ 50投稿目の考察。ブログは「はてな」で始めよう!

Two rusted bicycles.

投稿数

はてなブログ「写真が好きすぎて」を書き始めて投稿数50を越えました。1度これまでの軌跡をまとめてみようと思います。

今書いているこの記事が52投稿目の記事になります。

ブログ日数

ブログ日数が30日。

ブログ日数とは、投稿していない日を省いた日数だと思われます。つまり、記事を投稿した日が30日あったということですね。ブログを作成した日は8月10日ですが、本格的に書き始めたのが9月8日からなので、およそ1ヶ月ということになります。

アクセス数

数値的に気になるアクセス数ですが、合計 2,191 でございました。まだ、はてなブログProにしていませんし、Google Analytics も設置していませんので実際の所、どれくらいのページビューだったかは定かではありません。

2,191 を信じるならば、まずまずのスタートではないかと思われます。

WordPress でスタート1ヶ月目からページビューが2,000を越えるのはかなり難しいことです。ブログ初心者は、はてなブログではじめるのが良いと言われるのも納得ですね。

特に写真ブログの場合、WordPressでページビューを増やそうなんて思わない方がよいです。このところ、はてなブログから WordPress に移行した人、移行計画の人がちらほらと見かけます。

例の、https化にからんだお話が原因でしょう。 

sinto.hateblo.jp

あくまでも私の予想ですが、WordPressに移行した人の8〜9割は、はてなブログに復帰するのではないかと思います。と書いておきながらなんですが、書くブログを運営するなら WordPress をオススメします。

つまり、はてなブログである程度文章力に自信が持てたなら WordPress に移行しても良いのではないかということです。文章力は何に顕れるかというと、あなたが提供する情報を常にキャッチしたい、あなたの文章をまた読みたい、写真や映像をまた見たいと思ってくれるファンがたくさん付いてるかどうかです。

読者登録数や はてブ に頼ってるようであれば、はてなブログで運営していく方が良いのかもしれません。

読者登録数

その読者登録数ですが、おかげさまで 133人 の方にご登録頂けました。改めて感謝致します。いつもスターを付けてくださる方もいて、とても嬉しく思っています。励みになっています。

そう。この「励みになる」機能があるのが、はてなブログ最大の長所かもしれませんね。はじめからブログ仲間のみなさんが「一緒にがんばりましょう!」と励ましてくれる。これ、本当に心強いんですよね。

総スター数

そのスターの総数は、1,362個 になりました。はてなブログ開始直後は、このスターの意味がよくわかりませんでしたが、今になってみるとその意味がよく分かります。

ブックマーク数

このブログは写真を中心にしたブログなのでブックマークはあまり増えないだろうと思いますが、いくつか文章メインの記事も書いています。そちらの記事でブックマークをいただけたようです。ブックマーク総数は、35個 でした。

ブックマークで気付いたことですが、ブックマークは文章メインの記事しか付かないものだという思い込みがありましたが、そうではないのかもしれません。写真だけの投稿でも、ブックマークしておきたいと思える写真のパターンがありそうです。

はてブされる写真。そのあたり、ちょっと研究していきたいと思います。

50投稿目での総評は、そんなところです。

注目記事

では、注目された記事を取り上げてみます。

sinto.hateblo.jp

sinto.hateblo.jp

sinto.hateblo.jp

sinto.hateblo.jp

sinto.hateblo.jp

sinto.hateblo.jp

sinto.hateblo.jp

はてなブログ50投稿目の考察。いかがでしたか?次はどの段階で考察するか決めていませんが、またはてなブログ初心者の考察記事も書いていく予定です。参考になることがあれば嬉しいです。

 

🛒 はてなブログ Perfect GuideBook

© SINTO Hatamoto